カメがのんびり…楽園的お庭を夢見て。


by かめにわ

プロフィールを見る
画像一覧

<   2018年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お留守番解禁

疑心暗鬼でカメを柵内に放牧して外出できなかったが、
久々にカメを柵内に放牧させた状態で4時間ほど外出した。
二匹とも体重が変わらない。むしろ活動し始めた時期からではやや減っている。
少しでも緩やかに増えてくれるのが安心なんだけど。

a0193314_14282304.jpg
甲羅に電話番号明記でささやかな保険





ブロックに脚掛け立ちして元気なゴルちん。
ブロック内に残していくことは危険なのでしない。
a0193314_14285886.jpg
a0193314_14285765.jpg

[PR]
by kameniwa | 2018-04-22 14:31 | カメ | Comments(0)

起き上がれない

ゴルちんがブロックに手をかけて立ち上がってはひっくり返っている。
ゴルちんは平らなコンクリートの上で裏返しになるとなかなか元に戻れない。
甲羅が高いのと、力が弱いせいだ。タマチャンはどんな場所でも元に戻る能力がある。

ゴルちんは裏返しになった後に壁から離れてしまうと、ほぼ永久に復帰できない。
エイエイエイ!と首を振ってもその威力が小さくて状況に変化が生じないのだ。
結果、ずっと同じ地点を不毛にクルクル回転しているだけ。
水棲ガメのように首を器用に使って裏返しになった体を元に戻すことができないのだ。
だから、ゴルちんが裏返しになっているのを見つけたときは、30分ほど放置して(今は暑くないので)復帰できていなければば元に戻してやる。ということにしている。


a0193314_08281780.jpg

[PR]
by kameniwa | 2018-04-13 21:47 | カメ | Comments(0)

タマチャンの爪を切る




タマチャンは春の覚醒後ある程度餌を食べるようになったが、かつて冬眠させていたときのような食欲の勢いはない。
菜の花の先端15センチほどを与えただけ完食する。という食欲は全くない。食べて2本くらい。
午後は放牧柵の中で過ごしているので、そこでも多少草をはんでいる。
今年の冬は昨年と同じく20℃設定の水槽の中で冬越しさせた。

過酷な状態で冬眠させて、冬眠明けに全身の皮がボロボロ剥けてしまった2度の経験。
あのときの爆裂的食欲は損傷した体の一部を回復させるための食欲だったのだなと思う。
冬眠が我が家の環境ではあまりに危険な挑戦だったことが、ぽち子の犠牲とタマチャンの症状によって今確信できるに至った。
この土地はあまりに寒く、その上地下の湿気が停滞してしまう性質で、この湿度の解決が難しい。

現在タマチャンもゴルちんも顕著な体重増加はしていない。
冬明けに尿酸塊を続けて排泄していたゴルちんも、その後クリーミーな尿酸を排泄するようになったのでもう安心かと思われる。

伸びすぎていたタマチャンの爪をニッパーで切ってみることにした。(特に後脚)
パチンと一気に切らずに、爪の周囲を切って亀裂を入れ、血管が通ってないことを確認してから切り落とす。
0.5ミリくらいずつ切っていった。結果6,7ミリは切った。
切断面にバリが残るが、その後自然に削れる。

a0193314_07270332.jpg


[PR]
by kameniwa | 2018-04-11 07:43 | カメ | Comments(0)

ネットショップ
KAME*NIWA SHOP

カメ庭の生活覚え書き
からすはや〜ま〜に〜

カメグッズのイベント
カメ DE Show!

カテゴリ

全体
カメ
カメグッズ

その他
未分類

最新の記事

磨きがかかった甲羅
at 2018-08-07 20:23
キーファインダーを背負わせる
at 2018-08-03 23:40
カメ柵内、36℃越え
at 2018-07-24 07:13
求めているのはギャルとか外界..
at 2018-07-17 21:16

最新のコメント

今年もありがとうございま..
by kameniwa at 19:30
お疲れ様でした! そし..
by めぐっち at 21:49
かわいい!!!カメデショ..
by めぐっち at 21:24

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

検索

最新のトラックバック

ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
ハンドメイド

画像一覧