カメがのんびり…楽園的お庭を夢見て。


by かめにわ

プロフィールを見る
画像一覧

気温の低い雨天が続きそうなのでタマチャンも屋内へ

梅雨入りして、しばらく湿っぽい天気が続くらしい。
予報を見るとこのエリアの最低気温が14℃と出ていたので、タマチャンを屋内の水槽の中へ移動。
以前はタマチャンとぽち子はこの程度の気候ならずっと外で放置していた。

このあたりは、今のところ晴れて日中夏日になった日も夕方からは気温が下がって翌朝は17℃を切る。
それくらいの気温だと朝もカメ小屋から出てくるのが遅いだろうな。と思っていると、意外に6時にはシェルターから出動している。



a0193314_16134372.jpg
早朝の気温が低くてもお日様が出れば、それに反応して早起きするタマチャン。


そのお日様がしばらく拝めそうにないので家の中での水槽生活が続くだろう。
水槽の中では、外のように早起きはしないけど、朝7時過ぎにはちゃんとカメ小屋から出動してきて、
ブラインドに遮られた窓の方へ首を向けていた。


a0193314_16224560.jpg

しばらく雨が続く予報。
早く晴れる日がくるといい。




[PR]
# by kameniwa | 2018-06-16 16:25 | カメ | Comments(0)

タマチャンをオクタゴン柵へ

タマチャンを放牧していた方の柵でタマチャンの脱走技能レベルが上がってきたため、
昨年壁の高さを嵩増しした八角形の柵の方に移動させた。

先日畑の草むしりをしていたら、

タマチャンが長方形の囲いの方のタマチャン対策の杭を打った場所にチャレンジして、いい線行っている現場を目撃した。

a0193314_15480306.jpg



a0193314_15480712.jpg
ファイト〜〜!!



a0193314_15481167.jpg
いっぱ〜つ!!
(この後ちゃんと失敗に終わってくれたが、このまま何日も放置すると危ない気がした)




a0193314_15521487.jpg
スーパーオクタゴンに収監。


[PR]
# by kameniwa | 2018-06-03 15:53 | カメ | Comments(0)

掘るべし。掘るべし。

ブロック越えを制覇した後、タマチャンは掘りに精を出している。
たまたまこの場所は壁の反対側にガーデンブロックが鎮座しているので、そう簡単に脱走はできないはずだが、
他のスポットを数日続けて掘ったら抜けられる場所もある。
家を連日で空けて、数日間ノーチェックで放置することは絶対できない。




a0193314_19071667.jpg
a0193314_19071757.jpg
見られていることに気づくと動きが止まる。


[PR]
# by kameniwa | 2018-05-28 19:45 | カメ | Comments(0)

タマチャンのブロック越え

昨日、タマチャンが囲いを二つに分けていたブロック壁超えに成功した。

a0193314_21501463.jpg
よよよよ〜!なかなか後ろ脚がかからず、
“あともうひと息状態”でかなり長いこと粘っていたが。



a0193314_21501415.jpg
ついに体がブロックの上面に乗り、ちょっと一息ついている感じ。



a0193314_21501548.jpg
そしてブロックの向こうへ飛び降りる決心。
後ろ脚を伸ばして、尻を持ちあげて重心を前に移動させていく。




a0193314_21501555.jpg
GO!!


頭から落下するしか選択肢がないカメ。
不器用ながらも挑んでいくカメの勇気にいつも心打たれる。
さすが男の中の男・・・






[PR]
# by kameniwa | 2018-05-16 22:00 | カメ | Comments(0)

お留守番解禁

疑心暗鬼でカメを柵内に放牧して外出できなかったが、
久々にカメを柵内に放牧させた状態で4時間ほど外出した。
二匹とも体重が変わらない。むしろ活動し始めた時期からではやや減っている。
少しでも緩やかに増えてくれるのが安心なんだけど。

a0193314_14282304.jpg
甲羅に電話番号明記でささやかな保険





ブロックに脚掛け立ちして元気なゴルちん。
ブロック内に残していくことは危険なのでしない。
a0193314_14285886.jpg
a0193314_14285765.jpg

[PR]
# by kameniwa | 2018-04-22 14:31 | カメ | Comments(0)

起き上がれない

ゴルちんがブロックに手をかけて立ち上がってはひっくり返っている。
ゴルちんは平らなコンクリートの上で裏返しになるとなかなか元に戻れない。
甲羅が高いのと、力が弱いせいだ。タマチャンはどんな場所でも元に戻る能力がある。

ゴルちんは裏返しになった後に壁から離れてしまうと、ほぼ永久に復帰できない。
エイエイエイ!と首を振ってもその威力が小さくて状況に変化が生じないのだ。
結果、ずっと同じ地点を不毛にクルクル回転しているだけ。
水棲ガメのように首を器用に使って裏返しになった体を元に戻すことができないのだ。
だから、ゴルちんが裏返しになっているのを見つけたときは、30分ほど放置して(今は暑くないので)復帰できていなければば元に戻してやる。ということにしている。


a0193314_08281780.jpg

[PR]
# by kameniwa | 2018-04-13 21:47 | カメ | Comments(0)

タマチャンの爪を切る




タマチャンは春の覚醒後ある程度餌を食べるようになったが、かつて冬眠させていたときのような食欲の勢いはない。
菜の花の先端15センチほどを与えただけ完食する。という食欲は全くない。食べて2本くらい。
午後は放牧柵の中で過ごしているので、そこでも多少草をはんでいる。
今年の冬は昨年と同じく20℃設定の水槽の中で冬越しさせた。

過酷な状態で冬眠させて、冬眠明けに全身の皮がボロボロ剥けてしまった2度の経験。
あのときの爆裂的食欲は損傷した体の一部を回復させるための食欲だったのだなと思う。
冬眠が我が家の環境ではあまりに危険な挑戦だったことが、ぽち子の犠牲とタマチャンの症状によって今確信できるに至った。
この土地はあまりに寒く、その上地下の湿気が停滞してしまう性質で、この湿度の解決が難しい。

現在タマチャンもゴルちんも顕著な体重増加はしていない。
冬明けに尿酸塊を続けて排泄していたゴルちんも、その後クリーミーな尿酸を排泄するようになったのでもう安心かと思われる。

伸びすぎていたタマチャンの爪をニッパーで切ってみることにした。(特に後脚)
パチンと一気に切らずに、爪の周囲を切って亀裂を入れ、血管が通ってないことを確認してから切り落とす。
0.5ミリくらいずつ切っていった。結果6,7ミリは切った。
切断面にバリが残るが、その後自然に削れる。

a0193314_07270332.jpg


[PR]
# by kameniwa | 2018-04-11 07:43 | カメ | Comments(0)

ゴルちん尿酸塊4個目の排泄、そしてタマチャン始動

急にポカポカ陽気になってしまった。
今日は夕方になっても気温が下がらず、なんだか初夏のような空気で変な気分。

昨日もとても良いお天気だったので、ゴルちんを日光のもとで温浴させていたら、冬期開け4個目の尿酸塊を排泄した。
今回はクリーミーな尿酸に覆われた直径約2センチの尿酸塊だった。

今日もポカポカのお日様のもと、ゴルちんとタマチャンを花壇ブロックで囲ったコンクリートの上に放す。
2匹とも爪が全然減らずに伸びすぎているのは土の上でばかり生活させているせいなのかと。
だから、春の活発な時期にコンクリートの上を歩いて爪が減ってくれればと願っている。

ゴルちんは今日は半日以上日光のもとにいたが、影に引き蘢らずに、一生懸命ブロックに手をかけて立ち上がっていた。
そうだ。ゴルちんよ。その調子で足腰を鍛えるのだ。
a0193314_19304581.jpg
a0193314_19305445.jpg
今日のゴルちんは頼もしかった。


a0193314_19305124.jpg
タマチャンも彼らしいしっかりとした足取り





タマチャンも日光のもとで大量の尿酸を排出。尿酸の大量排泄はタマチャンの休眠期が終わった1つの目安。
餌はまだガツガツ食べないけど、歩き回る姿はいかにも元気そうで安心した。

久しぶりに体重を測ったら、2匹の体重は2匹とも昨年のそれぞれの10月の体重と同じだった。


[PR]
# by kameniwa | 2018-03-14 19:34 | カメ | Comments(0)

尿酸塊の排出

ゴルちんはタマチャンのように休眠状態にはならないので、活性が落ちても一日置きに餌を食べていた。

量は少ないながら食べているので大の方はたまに確認するのだが、尿酸を排泄した形跡が長い間見当たらないのが気になっていた。

1週間前に温浴をさせたところ、お湯の中で尿酸を排泄し、その中に長い方の径が1センチくらいの固い塊も排泄した。

今迄確認できなかった分を考えるともっと大きな塊を排泄するはずだ。

1〜2日置きに温浴させることにした。

一回目の尿酸排泄から3日目にまた尿酸塊を排泄した。この前より多い塊量。やはり固い塊を含んでいたが固くて砕けないほどではなかった。

うーん。もっと出るはず。

そして、昨日3月4日、春のように暖かい天気になった。

ゴルちんを庭で日光浴させて排泄を促すことに。暖かいお日様は温浴以上の排泄促進効果がある。少なくとも我が家では。

時間を置いて観に行ってみると立派なウンチもたくさんしてあったが、これだ!という尿酸の塊が出ていた。

よかった。これだけ出したのはいいことだ。でもクリーミィーな尿酸をある程度出すようになってほしい。


ひと月程前にゴルちんが鼻水を垂らしていることに気づき、水槽内の設定温度を温度を上げて、カラカラだった水槽の加湿のために毎日濡れた布巾を入れるようにした。

鼻水確認から3日程で鼻の穴が乾いた状態を確認できたのだが、その3週間後にまた鼻水を確認。

どうして鼻水を垂らすのだろうか・・・・

とりあえずこまめにチェックしているが、じっとしている所を持ったときに鼻水を確認する場合が多い、このカメの寝覚めのパターンなのか。
難しいカメ。

2月の末からタマチャンは朝に小屋から出てくる日が増えてきたが、餌はまだほとんど食べない。餌に口をつけるのは1週間に一度くらいのペース。

三月に入ったし、外の菜の花も小さな蕾を持って来た。タマチャンの食欲スイッチが順調に入ってくれるといい。

a0193314_17081365.jpg
ゴルちんの尿酸の中にあった塊1回目、2回目、3回目


[PR]
# by kameniwa | 2018-03-05 17:27 | カメ | Comments(0)

お休みモードの2匹

a0193314_19343000.jpg
タマチャンは毛布に覆われた水槽の中で、小屋から出てこうしてライトの下にいることがあるのだが、毛布をたくしあげると小屋に帰ってしまう。
ライトの下はとても明るいけど、タマチャンにとって「ねぐらの中」であって、外の光が入るとそこはもう「中」ではなくなるようだ。

ここ2週間くらいゴルちんもカメ小屋から出てこない。
元気かどうか確認のため、彼女が籠っている小屋を持ち上げて水槽から出すと、「パフュ〜。」といって手脚をばたつかせた。
この「パフュ〜。」はゴルちんが我が家へ来たときから出しがちだった独自の音で、鼻水を垂らしたりズゴズゴ音を出す症状へ発展するゴルちんの欠陥を示す音なのかもしれない。
しかし私はゴルちんが人に持たれたときに出すこの「パフュ〜」という音を聞くと「おーヨチヨチ」と益々このカメが愛おしくなってしまう。
お日様が照っている時間帯に表に1時間ほど出してみたところ大きめのうんを出していた。


[PR]
# by kameniwa | 2017-12-15 19:54 | カメ | Comments(0)

ネットショップ
KAME*NIWA SHOP

カメ庭の生活覚え書き
からすはや〜ま〜に〜

カメグッズのイベント
カメ DE Show!

カテゴリ

全体
カメ
カメグッズ

その他
未分類

最新の記事

気温の低い雨天が続きそうなの..
at 2018-06-16 16:25
タマチャンをオクタゴン柵へ
at 2018-06-03 15:53
掘るべし。掘るべし。
at 2018-05-28 19:45
タマチャンのブロック越え
at 2018-05-16 22:00

最新のコメント

今年もありがとうございま..
by kameniwa at 19:30
お疲れ様でした! そし..
by めぐっち at 21:49
かわいい!!!カメデショ..
by めぐっち at 21:24

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
more...

検索

最新のトラックバック

ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
ハンドメイド

画像一覧