カメがのんびり…楽園的お庭を夢見て。


by かめにわ

プロフィールを見る
画像一覧

自然冬眠を挫折

ずっと心配ごとがあった。
外で冬眠させているカメのうちの一匹。
そう。あの無鉄砲系の阿呆の方。
阿呆の方のカメがこの獄寒の日々、実は地表から数センチの浅い場所にいたことを知ったのだ。

4月下旬、カメが冬眠を終えて地上に姿を現す直前に潜っていた場所の腐葉土が陥没するのだが、いつものようにマイナス8℃を下回る寒い日、タマチャンが眠っている場所の腐葉土が陥没しているのを発見したのだ。

「なにぃ!?!!」

慌てて腐葉土を探ってみると、地表からすぐの所にタマチャンがいた。
毎朝気温は確実にマイナス6℃を下回っていた。そういう気温の中、この浅さって、真冬にタオルケットで寝ているようなもんじゃないか!
うわーーーーー。生きてんのかよ〜・・・とつんつんつつくとゆる〜く動く。生きている。

タマチャンを屋内飼育に切り替える準備はした。
しかし、ここまでこの状態で過ごして生きているのだから、今さら屋内に入れて保温するというのには迷いがあった。
とりあえずは少し深い所まで埋め直して、腐葉土の上に発泡スチロールの箱を被せて、霜等の冷気が直接地表に当たらないような処置をした。
そして毎日日が暮れる頃に浅い場所に浮上してきていないか調べるのだが、結局その後何度も浮上してきた。

そして寒さMAXの頂点の時期を過ぎたと感じた昨日。“今さら”であるが、タマチャンを腐葉土ボックスから水槽に移すことに決めた。
毎日のチェックと心配が面倒になったのだ。自然冬眠の挫折。(埋め戻している段階でもう挫折していたことになるが)

土の中での半冬眠状態?のタマチャンは瞳はガッチリ閉じているものの、手脚は伸び伸びのままだった。カメって手脚を格納して冬眠するものだと信じていたが、そうではないのだろうか。たまたま、タマチャンが「グーを知らないカメ」だからなのだろうか・・・・

氷点ギリギリで過ごしていたタマチャンに異常がないかしばらく安心できないが、今の所覚醒して保温下にいる。

a0193314_08123728.jpg
土まみれ

[PR]
by kameniwa | 2015-02-20 16:17 | カメ | Comments(2)
Commented by めぐっち at 2015-02-22 21:29 x
…おかえりなさい、タマチャン(笑)。
Commented by kameniwa at 2015-02-24 21:06
これでもしタマチャンに問題が起きなければ、ロシアリクガメは体液が凍らない温度(何度かは不明)なら死なないということでしょうか・・・
だとするとロシアリクガメは私が想像していた以上にタフな種類ということなのでしょうか。

ネットショップ
KAME*NIWA SHOP

カメ庭の生活覚え書き
からすはや〜ま〜に〜

カメグッズのイベント
カメ DE Show!

カテゴリ

全体
カメ
カメグッズ

その他
未分類

最新の記事

KAME NIWAのカレンダ..
at 2018-11-14 21:28
ゴルちんが鼻水!→ 無事ひっ..
at 2018-10-31 20:28
磨きがかかった甲羅
at 2018-08-07 20:23
キーファインダーを背負わせる
at 2018-08-03 23:40

最新のコメント

ひゃー!ありがとうござい..
by kameniwa at 16:00
買う買うー!!書き込めて..
by めぐっち at 22:14
今年もありがとうございま..
by kameniwa at 19:30

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

検索

最新のトラックバック

ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
ハンドメイド

画像一覧