カメがのんびり…楽園的お庭を夢見て。


by かめにわ

プロフィールを見る
画像一覧

また卵

ぽち子がまた卵を産んでいた。
ぽち子はタマチャンの脱走以来、また従来のブロック柵の方に戻していた。
ブロック柵の放牧場は土が固いために地面を掘りにくい、木枠の放牧柵の方は腐葉土を満たした木箱を埋め込んであるし、木箱を埋めるのに何度も掘り返しているので周りの土も柔らかく掘りやすいのだ。
実際ぽち子には半月ほど前、放牧柵の土を後ろ脚でしばらく掘りつづけるという産卵行動があった。卵は生まなかったけど、「う。生まれるかも・・・」という感覚があったのだろう。
またしばらくしたら卵を産むかもしれないという兆候だった。
しかし、その後タマチャンが脱走。
ぽち子の卵とタマチャンの脱走を天秤にかけると、タマチャンの脱走の方が私にとっては重かった・・・・

ここのところ、ぽち子は草をほとんど口にしていなかったし、小屋からもあまり出てこなかったので、また生みそうな気配はあった。
そして今朝、犬の散歩を終えてぽち子をのぞいてみたら、ブロック柵の脇でじっとしているぽち子の傍らにはかなり細長い卵があった。

ぽち子に踏みつぶされるのを恐れて、慌てて卵を手に取ってしまった。手に取った卵は生まれてから時間が経っていたのだろうか、ひんやりしていた。変温動物から生まれた卵だから、涼しい今日生んだ卵はもともとそれほど温かくはなかったのかもしれないが。
焦ってネットで調べて知ったのだが、卵の孵化には卵の上下逆転というのが深刻な事態らしく、ここで、卵がどちらが上かわかなくなっていた。
簡易孵卵環境を作ってみたが、卵は冷え冷えだったし、卵の上下もわからなくなっていたし、孵卵環境もアバウトだし、孵らないだろう。
だけど、せっかくの卵だもん・・・

やっぱり今回の卵も一般のロシアリクガメの卵よりかなり細長い形(縦6センチ横2.4センチくらい)をしている。こんな長い卵の中に丸い形のカメが育つのだろうか。既にこの卵は異常なのかもしれない。
それにカメは一度に数個の卵を産むらしいのにぽち子はいつも1つしか生まない。 とても長い卵、1つしか生めないような体の状況なのかもしれない。やっぱりお医者様に診てもらうことが頭をよぎる、でもいつも決心がつかない。
いろいろわからないことだらけだ。
前回ぽち子が初めて卵を産んだのは6月23日で、それから一ヶ月弱だった。また7月の中旬すぎあたりに産むだろうか・・・

[PR]
by kameniwa | 2014-07-19 11:08 | カメ | Comments(2)
Commented by めぐっち at 2014-07-21 00:01 x
心配は尽きないですよね…。
ポチ子さん、母になる
ステキな響き。
心配なら東京の爬虫類専門の病院に問い合わせしてみるのも方法の一つかも。
あとは私のカメ師匠に聞いてみましょうかー?
Commented by kameniwa at 2014-07-21 21:27
まぐれで孵っちゃうことを期待してますが、まず無理でしょう。
卵が腐って時間が経つと破裂したりするみたいで、和室の壁に飛び散ったら後が大変です・・・

スーパーの鶏卵を温めてみる幼い子供みたいなことしているのかもしれません。
卵はちゃんと出てきているのでとりあえず大丈夫かな〜とも・・・
カメの師匠なら細長い卵の件をご存知でしょうか。病院にお世話になる前に、ベテランの方からコメントをいただけたら助かります。

ネットショップ
KAME*NIWA SHOP

カメ庭の生活覚え書き
からすはや〜ま〜に〜

カメグッズのイベント
カメ DE Show!

カテゴリ

全体
カメ
カメグッズ

その他
未分類

最新の記事

求めているのはギャルとか外界..
at 2018-07-17 21:16
イベントの申し込みを忘れてい..
at 2018-07-12 20:40
タマチャンの自由放牧
at 2018-07-04 07:53
ゴルチんも早起きになってきた。
at 2018-07-02 10:36

最新のコメント

今年もありがとうございま..
by kameniwa at 19:30
お疲れ様でした! そし..
by めぐっち at 21:49
かわいい!!!カメデショ..
by めぐっち at 21:24

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

最新のトラックバック

ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
ハンドメイド

画像一覧