カメがのんびり…楽園的お庭を夢見て。


by かめにわ

プロフィールを見る
画像一覧

求めているのはギャルとか外界ではなく、夏眠する場所?

a0193314_20464034.jpg

毎日、八角柵のコーナーを猛烈な勢いで掘りまくっており、
タマチャンの気を散らすために、ガーデンブロックを組んで小さなアトラクションを作ってみたが、その数日後にはまた別のコーナーをこのように掘り出す始末。

a0193314_20484751.jpg
起床後日光充電一時間足らずで穴掘り労働に勤しみ始める、
↑休憩のためか方向転換して出て来たタマチャン。


タマチャンの休憩中に、穴掘りの進捗を確認するために、
柵の外側に置いてある脱走防止の重しを避けてみると穴は柵の外側まで及んでいた。
これはマズイ。半日あったら、柵外の重しも超えていけそうな進捗状況だ。

a0193314_20464992.jpg
a0193314_20465245.jpg
土が掘られているエリア↑
タマチャンの頭1つ分くらい、
柵の外まで穴が掘り進められている。


これだけの土をかき出したり、タマチャンの体重の何倍もあるレンガやブロックを押しのけるほどの力仕事に勤しんでいるのに、タマチャンの体温は上がっているように見えない。

私なんて、この暑さの中軽作業しただけでもうグショグショに汗にまみれているのに。
力を使い続けても熱が作られないなんて、変温動物というのは本当に不思議だ。

と考えたところで、もしや、タマチャンも暑いから必死になって掘っているのかもしれないことに気づく。
地面は涼しいし、コナラの木陰で日陰は十分だと思っていたけど、タマチャンの八角柵の中には素焼きの植木鉢を半分埋めただけのシェルターがあるが、それがタマチャンにとってシェルターの役目を果たしていないのかもしれない。
今タマチャンはタマチャンが落ち着ける場所、暑さを避ける暗い場所を求めて穴掘り運動に集中しているのかも・・・・

今年は真夏が始まるのが早かったから、タマチャンの夏眠モードも8月に入る前に始まるかも。
さしあたって、冬場水槽の中で入っているタマホームを八角柵の中に置いてみた。
タマチャンがひんやり埋まれる良い寝床・・・どうしよう・・・


[PR]
# by kameniwa | 2018-07-17 21:16 | カメ | Comments(0)

イベントの申し込みを忘れていた(焦!)

毎日毎日暑い。
毎日汗だくになって1〜2時間庭と家庭菜園エリアの草刈りや草むしりをしている。
タマチャンは早朝から活動を始めて、一日ワッセワッセ運動している。
マンネリな柵内に少し変化をとミニタマチャンランドを作った。
先日このタマチャンランドの組み方が柔くて、ズレ落ちたガーデンブロックの下敷きになっているタマチャンを発見。
これくらいのガーデンブロックの下敷きになるくらいは物ともしなかった。
さすが漢。



a0193314_20380904.jpg


タマチャンごめんね。そんなにワッセワッセ張り切っているのは
この世界のどこかでタマチャンを待っているギャルを思ってなのだよね。

と、暑い暑い、ヒィヒィと汗だくになって家のことに気を取られていたら
カメデショウの申し込みを忘れていた!!!

慌てて申し込んだけど、もう枠が余っていないかもしれない・・・
先日実家の親に「今年も参加するのか」と問われ、
今まであきっぽくて継続できたものがないゆえに、このイベント参加だけは継続していきたい。
と宣言したばかりだったのに。
申し込みを忘れていた〜。


[PR]
# by kameniwa | 2018-07-12 20:40 | その他 | Comments(0)

タマチャンの自由放牧

この暑さだがタマチャンが非常に活発だ。
ときどき目をつむって休憩もするが、盛んに歩き回って壁際をガリガリ掘ったりいろいろチャレンジしている。


♂のタマチャンは8月に入ると夏眠という休眠状態に入り、ほとんど活動しなくなる。
穴を掘って土に半分埋まった状態で連日じっとしている。
そんな“つまらないタマチャン”になる前の今は貴重な時期なのだ。
小さな戦車のおもちゃのようにカメ柵の中を精力的に動き回っている姿が愛おしく、カメ柵の外で冒険させてやりたいなぁと思う。


しかし、この暑さ、タマチャンにつきあっていたら私がクロコゲに焼けてしまう。
夕方陽射しが落ち着いた時間帯に草花への水やりや草むしりをしている間にタマチャンをほんの少し自由放牧させる。

a0193314_07492140.jpg


柵の外では柵の中より一段と張り切って歩いているように見える。
面白いのは菜園のような畑に放すと、ギヤが一段上がる。いや、もはやあれは「走っている」と言ってもいいくらいまっしぐらに進んで行く。
そうして進んでいった先の、我が家の敷地の境界近くでガサゴソしている音に聞き耳を立ててタマチャンの位置を捉えつつ自分の作業に勤しむ。


ガサゴソする音が消えたので回収しに行ってみると、タマチャンは我が家の境界を超え、隣の休耕地(常に耕耘機を入れているので草は生えていない)をまっしぐらに突っ走っているのだった。




[PR]
# by kameniwa | 2018-07-04 07:53 | カメ | Comments(0)

ゴルチんも早起きになってきた。

今年は6月末に梅雨が明け、例年より早く真夏が訪れた。
ゴルちんを終日屋外飼育に切り替えてもうすぐ2週間、体内時計が安定したせいか、
それとも暑い気候がそうさせたのか。
ゴルちんの朝のスタートが健全化してきた。

朝6時にシェルターより出動するタマチャンと同時とまでは行かないが、
ゴルチんもカメ小屋から朝の7時に出動するようになった。


a0193314_10343666.jpg
タマチャンは6時に出動


a0193314_10343641.jpg
ゴルちんも7時ちょうどに出動。





[PR]
# by kameniwa | 2018-07-02 10:36 | カメ | Comments(0)

結局タマチャンは屋外継続、ゴルちんも終日屋外に

天気の悪い日が続いている間も夜温も下がっても18℃程度だったのでタマチャンは屋外継続。
そして天気が回復してからは30℃代の暑さがやってきた。

ゴルちんの方も終日屋外放置を始めた。
それにしてもゴルちんは朝のスタートが遅い。タマチャンが朝の6時に外で日光浴を始めるのに対し、ゴルちんはその3,4時間後。
やっと小屋から外に出ても、その後動いている時間も少ない。


活動的だったホルスフィールドの故ぽち子を基準にすると、もはや病的なほど籠り主義で食も細い。
ただ食の細さで言えばホルスフィールドの♂のタマチャンの方がもっと細い。
ぽち子のように日中ザクザク食べて、ザクザク歩いて、ドッサリ出す。という図式はゴルちんにもタマチャンにもあてはまらない。


ありし日のぽち子のように長々と食べている現場を確認できないので、2日に一遍リクガメフードのふやかしたやつを与えるのが習慣。
外で管理し始めるとどれだけ食べて、毎日排泄しているかは曖昧になる。
ぽち子みたいにたくさん食べる子のウンは巨大なので、排泄の確認も容易だったが、ゴルちんやタマチャンのサイズだと注意深い捜索が必要で、
排泄の確認は毎日していない。
私の飼い方はテキトーなのだ。


冬眠というチャレンジを辞めたことで、一年以上病院の世話にならずに済んでいる。
かつて病院の先生からゴルちんの甲羅が柔らかすぎるので餌にカルシウム+ビタミンDを添加のアドバイスを受け、未だにそれを実践している。
900gになったゴルちんの甲羅はそれなりに固くなったが、それでもぽち子や小型のタマチャンの腹甲と比べるとまだ柔らかい。
ぽち子やタマチャンの甲羅、特に腹甲は分厚そうな硬さで曲がる余地がない。
しかし、ゴルちんの甲羅はゴルちんを持った手に強い力を込めればわずかに潰れる程度の柔軟さがある。

a0193314_08181106.jpg
ブロック超えにチャレンジ中のゴルちん。
(タマチャンはマスター済のポイント)
天気さえ良ければ↑のようにハッスルするのが、健全なカメであると思うが、
ゴルちんは天気が良くても毎度このように活動するとは限らない。





[PR]
# by kameniwa | 2018-06-28 08:25 | カメ | Comments(0)

気温の低い雨天が続きそうなのでタマチャンも屋内へ

梅雨入りして、しばらく湿っぽい天気が続くらしい。
予報を見るとこのエリアの最低気温が14℃と出ていたので、タマチャンを屋内の水槽の中へ移動。
以前はタマチャンとぽち子はこの程度の気候ならずっと外で放置していた。

このあたりは、今のところ晴れて日中夏日になった日も夕方からは気温が下がって翌朝は17℃を切る。
それくらいの気温だと朝もカメ小屋から出てくるのが遅いだろうな。と思っていると、意外に6時にはシェルターから出動している。



a0193314_16134372.jpg
早朝の気温が低くてもお日様が出れば、それに反応して早起きするタマチャン。


そのお日様がしばらく拝めそうにないので家の中での水槽生活が続くだろう。
水槽の中では、外のように早起きはしないけど、朝7時過ぎにはちゃんとカメ小屋から出動してきて、
ブラインドに遮られた窓の方へ首を向けていた。


a0193314_16224560.jpg

しばらく雨が続く予報。
早く晴れる日がくるといい。




[PR]
# by kameniwa | 2018-06-16 16:25 | カメ | Comments(0)

タマチャンをオクタゴン柵へ

タマチャンを放牧していた方の柵でタマチャンの脱走技能レベルが上がってきたため、
昨年壁の高さを嵩増しした八角形の柵の方に移動させた。

先日畑の草むしりをしていたら、

タマチャンが長方形の囲いの方のタマチャン対策の杭を打った場所にチャレンジして、いい線行っている現場を目撃した。

a0193314_15480306.jpg



a0193314_15480712.jpg
ファイト〜〜!!



a0193314_15481167.jpg
いっぱ〜つ!!
(この後ちゃんと失敗に終わってくれたが、このまま何日も放置すると危ない気がした)




a0193314_15521487.jpg
スーパーオクタゴンに収監。


[PR]
# by kameniwa | 2018-06-03 15:53 | カメ | Comments(0)

掘るべし。掘るべし。

ブロック越えを制覇した後、タマチャンは掘りに精を出している。
たまたまこの場所は壁の反対側にガーデンブロックが鎮座しているので、そう簡単に脱走はできないはずだが、
他のスポットを数日続けて掘ったら抜けられる場所もある。
家を連日で空けて、数日間ノーチェックで放置することは絶対できない。




a0193314_19071667.jpg
a0193314_19071757.jpg
見られていることに気づくと動きが止まる。


[PR]
# by kameniwa | 2018-05-28 19:45 | カメ | Comments(0)

タマチャンのブロック越え

昨日、タマチャンが囲いを二つに分けていたブロック壁超えに成功した。

a0193314_21501463.jpg
よよよよ〜!なかなか後ろ脚がかからず、
“あともうひと息状態”でかなり長いこと粘っていたが。



a0193314_21501415.jpg
ついに体がブロックの上面に乗り、ちょっと一息ついている感じ。



a0193314_21501548.jpg
そしてブロックの向こうへ飛び降りる決心。
後ろ脚を伸ばして、尻を持ちあげて重心を前に移動させていく。




a0193314_21501555.jpg
GO!!


頭から落下するしか選択肢がないカメ。
不器用ながらも挑んでいくカメの勇気にいつも心打たれる。
さすが男の中の男・・・






[PR]
# by kameniwa | 2018-05-16 22:00 | カメ | Comments(0)

お留守番解禁

疑心暗鬼でカメを柵内に放牧して外出できなかったが、
久々にカメを柵内に放牧させた状態で4時間ほど外出した。
二匹とも体重が変わらない。むしろ活動し始めた時期からではやや減っている。
少しでも緩やかに増えてくれるのが安心なんだけど。

a0193314_14282304.jpg
甲羅に電話番号明記でささやかな保険





ブロックに脚掛け立ちして元気なゴルちん。
ブロック内に残していくことは危険なのでしない。
a0193314_14285886.jpg
a0193314_14285765.jpg

[PR]
# by kameniwa | 2018-04-22 14:31 | カメ | Comments(0)

ネットショップ
KAME*NIWA SHOP

カメ庭の生活覚え書き
からすはや〜ま〜に〜

カメグッズのイベント
カメ DE Show!

カテゴリ

全体
カメ
カメグッズ

その他
未分類

最新の記事

求めているのはギャルとか外界..
at 2018-07-17 21:16
イベントの申し込みを忘れてい..
at 2018-07-12 20:40
タマチャンの自由放牧
at 2018-07-04 07:53
ゴルチんも早起きになってきた。
at 2018-07-02 10:36

最新のコメント

今年もありがとうございま..
by kameniwa at 19:30
お疲れ様でした! そし..
by めぐっち at 21:49
かわいい!!!カメデショ..
by めぐっち at 21:24

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

最新のトラックバック

ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
ハンドメイド

画像一覧