人気ブログランキング | 話題のタグを見る


カメがのんびり…楽園的お庭を夢見て。


by かめにわ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

冷え込んだ秋の夜間にゴルちんを屋外に放置から三週間後

ゴルちんを寒い夜に屋外に二日間放置してしまった後、しばらく引っ込んでいた鼻水が再発しなかった。
と、ホッとしたことをブログに書き込んだ翌日
鼻水再来!!
はぁ、、、
夜間屋外に放置したのが3週間前で、今日水槽の中でゴルの顔を濡らしている鼻水は、そのときの影響の鼻水なのだろうか・・・
幼き頃から鼻水をよく出していたゴルちん。
いったい何が影響してゴルちんの鼻水が出るのか確実に解明することができずにいる。
だからこそ、低音暴露という不安要素を取り除くことは必須なのに。
心配ばかりしているくせに、ついうっかりどうしようもない失敗もやらかす自分。
自分に腹が立つ。どうしようもない。どうしようもない。


# by kameniwa | 2021-11-22 16:24 | カメ 不調 | Comments(0)

冷え込んだ秋の夜間にゴルちんを屋外に放置

8月にギリシャリクガメのゴルちんの鼻が鼻水で常に濡れている状態が続いていた。
カメハウスの外に出ているときは乾いているのだが、屋外のカメハウスの中に籠っているとき、屋内の水槽の中のカメハウスに籠っているときも鼻が透明な液体で濡れていた。
抗生物質を5日間続けたものの、少し改善したかに感じた鼻水は治まらず、2週間後にもう一度5日間抗生物質を餌に添加して与えてみた。
抗生物質を二度試した直後もほとんど変化はなかったので、抗生物質の投与はもうあきらめた。しかしいつの間にか鼻水が止まった。
鼻水が止まって一ヶ月ほどした後、季節は秋、10月の下旬に夜間冷え込んだ日があった。
私達人間は寒くてそれまで使っていなかった布団を引っ張り出して寝たくらい。
そんな温度の日に2日間にわたりゴルちんを屋外に放置したままにしてしまったのだ。
屋内の水槽に当然入れていると思っていたゴルちんが水槽の中にいないと気づいたときはしまったと思った。
早朝2℃まで冷え込んだ陽気に二日間も放置したとなれば、せっかく止まった鼻水がまた再発してしまうのではないだろうか。
このまま風邪をひいて、ご臨終につながるのではないか。

10月30日のことだった。
それから二週間、ゴルちんの状態は悪くなっていない。
多分大丈夫だろう。

ホルスのタマチャンは屋内の水槽に入れてからは休眠モードになってほとんどカメハウスの中に籠ったまま動かない。
しかし、1,2週間に一度暖かい日に外に出すと日光浴し、カメフードを食べる。
水槽の中で目を閉じているタマチャンを手に取るとすぐに目を開くので、ホントの休眠にはまだ入っていない。

# by kameniwa | 2021-11-20 07:06 | カメ 不調 | Comments(0)

道路を横断しているクサガメを見つけた。

朝の9時、田んぼに囲まれた道路を走っていると前方に小さな亀を見つけた。
クサガメだ。
数年前にも同じ季節に6センチほどの小さなクサガメを見つけて連れて帰り自宅で飼おうとした。
しかし、1年後の冬に冬眠に入った直後に死なせてしまった。
飼育が難しくないとされるクサガメを死なせてしまうくらい私は飼育のセンスがない。
今回見つけたのも、死なせてしまった亀と同じくらい小さく可愛らしかったが、もう連れて帰ってはいけないのだ。
道路の真ん中で立ち止まる亀を道路の端に移動してその場を去った。

# by kameniwa | 2021-10-06 23:12 | カメ | Comments(2)

ゴルちんが鼻水を垂らし始める

外の柵の中の小屋からゴルちんを出してみると、鼻から嘴にかけて濡れている。
何日か様子を見たが、毎度毎度濡れている。鼻水だった。
しまった・・・・
卵を排出して間もなく、お盆の頃、大雨が降ったりして夜温が下がり、私も夫も布団をしっかりかぶって眠るという日が何日かあった。
そんな肌寒い夜に何日か繊細なゴルちんを屋外に放置したせいだと思った。
産卵は体調に影響しただろうか?

数年前に購入した海外製の抗生物質を数日間投与してみた。
2,3日与えても効果は出なかったが、5日間投与を続けてみることにした。人間やペットでもそれくらいの量が処方されているから。
抗生物質が効いたのか、温度が安定している屋内水槽に毎晩取り込んだせいか、鼻水は完全に止まってはいないが、改善した。
餌もタマチャンほどではないが、食べてくれている。
鼻水が完全に止まりますように120.png


# by kameniwa | 2021-08-25 21:23 | カメ | Comments(0)

食欲不振の原因は卵

ここ最近ゴルちんの餌食いが極端に落ちたので心配だった。
私は毎日家にいる生活なのに、カメたちの様子をチェックするのを怠ってしまう日がたまにある。
目が悪くなってきたり、食欲が落ちても心配するだけで、ただ様子を見るだけの日々。
ごめんね・・・
一度具合が悪くなったら、カメが回復できる確率は低い。
いつかいかにも不調なサインを出す日が来るのだろうか。ペットの苦しむ姿を見るのは、そして楽にしてあげられる術がないのは地獄だ。

今日、ゴルちんが引き篭もっているカメハウスを持ち上げてみると、
割れた卵の殻と、割れていない卵が一つあった。
食欲不振は産卵前の兆候だったことがわかって安心した。
10年前に6−7センチのサイズで我が家にやってきたゴルちんが卵を産んだのは初めて。
無精卵なので、特別ケアもしないものの破棄もできず、無意味に植木鉢に満たした土に保管した。
一月前にロシアリクガメのタマチャンが、境界壁を乗り越えてギリシャのゴルちんのエリアに侵入し二匹が接触したことがゴルちんの産卵に影響したのだろうか?
体の中で育った卵を上手く排出して、卵詰まりなど起こさないでくれることを祈る。
今のところゴルちんの目の角膜の白い濁りに顕著な進行はない。
ゴルちんよ、とにかく無事で。

タマチャンの方は今日はあまりの暑さに、タマチャン小屋の中を掘って土の中に埋まっていた。
タマチャンがいるエリアの方は日陰が乏しいのでカメ小屋が日中ずっと直射日光を浴びていて小屋に避難しているだけじゃ暑くなってしまったか。
なんとか日陰を増やしてあげたい。

食欲不振の原因は卵_a0193314_21562107.jpg

# by kameniwa | 2021-08-05 22:07 | カメ | Comments(0)

ネットショップ
KAME*NIWA SHOP

カメ庭の生活覚え書き
からすはや〜ま〜に〜

カメグッズのイベント
カメ DE Show!

カテゴリ

全体
カメ
カメグッズ

その他
カメ 不調
未分類

最新の記事

冷え込んだ秋の夜間にゴルちん..
at 2021-11-22 16:24
冷え込んだ秋の夜間にゴルちん..
at 2021-11-20 07:06
道路を横断しているクサガメを..
at 2021-10-06 23:12
ゴルちんが鼻水を垂らし始める
at 2021-08-25 21:23

最新のコメント

だめ。絶対。めぐっちさん..
by kameniwa at 06:39
次に出会ってしまったら、..
by めぐっち at 21:25
自由奔放なメロンに毎日が..
by めぐっち at 23:04

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2021年 08月
2021年 06月
2021年 05月
more...

検索

最新のトラックバック

ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
ハンドメイド

画像一覧