人気ブログランキング |


カメがのんびり…楽園的お庭を夢見て。


by かめにわ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

夏らしい暑さがやってきてクサガメの食欲が安定

梅雨が続く中、7月らしくない21度くらいの涼しい日が続いていたときは、
はんにばるもエサをあまり食べなかったが、いよいよ蒸し暑くなってきて
餌をコンスタントに食べ続けるようになった。


それで、餌を与えに行くと最初は相変わらず慌ててホテイソウの下に隠れるのだけど、
餌を水面に撒いてから私が身動きをしないようにじっと待っていると水面近くに上がってくるまでになった。
ちょっとでも動くと、ヒエ〜!。とまた水底に逃げてしまうが、大いなる進歩!
水底から上がってくるときの前脚かきがとても可愛いらしい。

a0193314_21162180.jpg







ふやけていないカチカチのカメの餌(小粒)を一気に5,6粒吸い込んでしまう。
リクガメはふやかしていない餌は絶対に食べないのに。
餌を食べ始めてから一月以上経ったが、体重は66グラムから71グラムになっただけ。たった5グラムだけど、体重の10%弱だと思えば十分な成長だろう。
方や、一月前に拾った子猫は350gから1.2kg、三倍近く大きくなってしまったので、カメの体重の増え幅があまりにささやかに感じてしまった。



カメ柵内にはあちこちに小さなセミの抜け殻がくっついている。
羽化中のやつも3匹いた。皆ニイニイゼミという小さなやつだ。


a0193314_21224083.jpg

オクタゴン柵のクヌギの幹でも




a0193314_21224277.jpg
タマちゃんのすぐ頭上でも羽化していた。


# by kameniwa | 2019-07-22 21:26 | カメ | Comments(0)

はんにばる、ハンニバル化する。

今朝も雨が強くなるとの予報だったので、はんにばるとメダカのプールの水が溢れないように水の嵩を減らしたものの、
雨が強く降った時間はそれほど長くなかった。
結果、水を減らしすぎてしまったので、雨が止んだあとに水を足しに行く。
はんにばるが餌を食べ始めたので、こまめに水の汚れもチェックしなければならない。
ホテイアオイが浮かんだプールをのぞくと、メダカの数が少ないことに気づく。
まさか!!
ホテイアオイをすべて取り除いて見ると、8匹いたメダカが5匹しかいない。
メダカを連れてきてから2ヶ月の間、一匹も減ることのなかったこの平和なプールから一晩で三匹も姿を消してしまった。
まさかはんにばるがついにメダカを食べた?
いなくなったメダカのうちの1匹は他のメダカの1.5倍の大きさの食べでのあるやつだった。

はんにばるが食べたにせよ、クサガメではない謎の侵略者がさらっていったにせよ、このままではプールのメダカちゃんが全滅してしまうと思い、
メダカをクサガメプール飼育から水槽飼育に切り替えた。
最初はカメの餌としてメダカを飼い始めたのに、カメが食べ始めたからメダカとカメの同居はおしまいにした。

はんにばるがいよいよハンニバル化??
最初はカメの餌という人工飼料を可愛らしくつまんでいるだけだったが、
いよいよ生きている獲物を貪り食べるようになるかもしれない。
その名の由来の食人鬼のように。



a0193314_20344463.gif

そして、やがては
タマちゃんとはんにばるを同じ柵に入れて出かけでもしたら、
いつかこんなことが!!!


タマチャン↓
a0193314_20344438.gif




# by kameniwa | 2019-07-04 20:54 | カメ | Comments(0)

ハンニバル、カメの餌を食べ始める

昨日久しぶりにカメの餌をクサガメプールに数粒投入してみた。
たちまちメダカがカメの餌でサッカーを始める。
メダカはカメの餌を夢中でつつくが、カメの餌は水が汚れないようになかなか自壊しないようになっているのでメダカはほとんど食べられない。
メダカにつつかれて、カメの餌はホテイアオイの葉の隙間に押し込まれていく。
しばらく時間を置いて見にいってみると、いくらホテイアオイを揺すってもカメの餌は見当たらず、プールの底にも沈んでいない。

今朝、改めて昨日より多めの餌をプールに撒き入れ、ほんのちょこっと時間を置いてから遠くから観察した。
はんにばるがホテイアオイの隙間の餌を吸い込んでいる現場を確認。
ああ!はんにばる悪かった!
いつの間にかカメの餌も食べられるほどに食欲が出ていたのに、どうせ食べないからとなかなか餌の再開を試さなかった。
もう土に潜らないようになった時点で餌を試すべきだった。

とりあえず、このようにパクパク食べるようになったということはこれからモリモリ出していくはず。
はんにばるが順調に排泄を始めるとなると、同居してるメダカが心配。当初はカメの生き餌として入れたメダカは愛着のあるペットになってしまった。
水換えを頻繁にすれば、ハンニバルが餌をモリモリ食べる時期にメダカとの同居は可能?それとも尿酸をドバドバ出すカメと一緒には無理?
クサガメが餌を食べ始まって、わーい♪なんて喜んだのもつかの間。さてどうすれば。。。

a0193314_18443825.jpg
近くに行くとすぐ深く潜って隠れちゃうので
遠くからそぉーっと観察するしかない。

# by kameniwa | 2019-06-29 18:44 | カメ | Comments(2)

梅雨の合間の晴天日

今日はバイトも内職もおやすみなので、久しぶりに庭仕事。
お隣の敷地にはみ出しそうになっている木の刈り込みと刈り込んだつるバラの枝の整理などをする。
本当の夏はこんな生ぬるいもんではないが、夏陽気の日だった。


梅雨入りしてから、”はんにばる”は土に埋まらずにずっとプールで過ごしている。
人影が近くに現れると、相変わらず慌ててホテイアオイの影に隠れてしまう。
ホテイアオイに齧り跡ができるので、ホテイアオイをつまんではいるようだが、
水換えのときに体重を測ってみるが、初めて体重を測った66グラムから68グラムになっただけ。
一度排泄したら元の体重を切ってしまう程度の体重だった。


メダカにときどき細かく砕いた「カメの餌」を与えているが、それを多少はカメも食べているのか。
メダカは餌をやらなくても、アオミドロやホテイアオイの根っこにまとわりつくゴミに潜むアカボウフラ?などで生きながらえることができるようだ。
”はんにばる”もそれらを食べているのだろうか。
以前カメ用の乾燥エビを与えても一つも食べず、すべて水底に沈んで緑のヌルヌルに包まれておしまいだった。メダカもカメの食べない乾燥エビを処分してくれない。水が汚れるのでその後乾燥エビも入れていないのだが、メダカと一緒に入っているヌマエビの脱皮殻も食べられずにそのままプールの底にゴミと一緒に沈んだまま。カメはエビをよく好むらしいが、うちのはまだ食べるそぶりを見せていない。

a0193314_08355991.jpg
はんにばるが上陸しているところを見かけるのは今や貴重。



他のカメも特に異変はなし。
暑くなってきたが、夜が冷える日はゴルちんだけ屋内の水槽にしまっている。
ごるちんが患っているかもしれない白内障は完全な失明には至らず、水晶体が濁って視界がハッキリ見えなくなる病気だからどんなに進行しても暗闇の完全失明という状態とは違うようだ。よく見えなくても光や色を感じ続けることができるのなら救われる。



a0193314_08360665.jpg

a0193314_08360467.jpg
タマちゃんはライフワークの脱出坑掘り?(→部)に定期的に勤しむ毎日。










# by kameniwa | 2019-06-26 21:39 | カメ | Comments(0)

カメの白内障

ゴルちんの目がどうも白内障のようだ。と感じ始めたのは一年以上前。
以前は屋外に出すときに明るいところでみないとよくわからなかったのだが、
最近は日陰でもわかるようになった。
黒い目のリクガメの目はぬいぐるみの目のような深い深い真っ黒目であるべきところ、
うっすらと銀がかかったように濁った瞳孔の中心に黒い点が残っていて、そちらがまるで瞳孔のように見え、眼光鋭い目に見える。
a0193314_22072263.jpg


ネット上にカメの白内障についての日本語の記述はほとんど見つからなかった。白内障は人間さまのような手術をしない限り治癒することはないのでゴルちんの目の病はあきらめている。
犬のアーニーも割と早い時期に白内障の症状が出て、病院にたずねて、処方してもらった白内障用の目薬をつけたが効果はないようだった。
目薬には、白内障の症状が出る前なら効果があるようなことが書いてあったような気がする。

ゴルちんは、我が家に来てごく初期の頃から他のカメと比べて餌を食べるのがやけに下手くそだなと違和感を感じていた。
餌に食いつくときになんども空振るので、食べるのが遅い。一度くわえた物を落としたりもするので、単に運動神経的に不器用なだけ?と思ったりもした。
もしかしたら目が見えていないのではないかと怪しんだこともあったが、目の前に手を出すと目をつむるので、全く見えていないわけではないことはわかった。
目が濁り出したことに気づいて、やっぱり最初からあまり見えていなかったのかもしれないなと思うようになった。
もしかしたら最初から目が悪かっかもれいないのに、最初は濁っているように見えなかったのはなぜだろう。
頭も小さく、目も小さかったからだろうか。

おそらく目が傷ついたとかではないと思う。ゴルちんが涙目だったり、目を腫らしていたことはなかったし、
両方の目が同じ加減に白内障のような様子を呈しているのだから。

小さな頃から徐々に進行して今に至ったとすると、
この先も進行した結果、完全な盲目になることも覚悟しなければならない。

目が見えなくなったら、今度こそはんにばるのプールにも落ちるだろうか。

全く見えなくなったらゴルちんの人生はつまらなくなってしまうのだろうか。
所詮柵の中の人生。
鮮やかな緑が見えなくなるかもしれないことは寂しいが、いつも言っている通り、カメの脳みそはゴマ粒である。
理解できない暗闇の中で命ある限り苦悩するなんてしないでね。
a0193314_22072266.jpg
写真だとわかりにくいので、写真の明度を上げた写真。





# by kameniwa | 2019-06-20 22:22 | カメ | Comments(2)

ネットショップ
KAME*NIWA SHOP

カメ庭の生活覚え書き
からすはや〜ま〜に〜

カメグッズのイベント
カメ DE Show!

カテゴリ

全体
カメ
カメグッズ

その他
未分類

最新の記事

夏らしい暑さがやってきてクサ..
at 2019-07-22 21:26
はんにばる、ハンニバル化する。
at 2019-07-04 20:54
ハンニバル、カメの餌を食べ始める
at 2019-06-29 18:44
梅雨の合間の晴天日
at 2019-06-26 21:39

最新のコメント

寝てる時はやっぱり目を閉..
by kameniwa at 13:46
ハンちゃん、かわいい。 ..
by めぐっち at 20:29
お口が食べかすだらけのガ..
by kameniwa at 08:51

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

検索

最新のトラックバック

ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
ハンドメイド

画像一覧