カメがのんびり…楽園的お庭を夢見て。


by かめにわ

プロフィールを見る
画像一覧

ぽち子まっしぐらに潜っていった。

腐葉土を追加したぽち子の冬眠ベッドにぽち子を置くと、まっしぐらに潜っていってしまった。
果たして明日はひなたぼっこしに腐葉土の中から出てくるだろうか。
昨日は夏日だったらしいし・・・
[PR]
# by kameniwa | 2011-10-17 21:49 | カメ | Comments(0)

IKEAのキッチンタオルに

以前千葉の兄弟の家に行ったときに連れていってもらったIKEAで買ったキッチンタオルにカメステンシルを縫い付けた。
「カメ庭」的なイメージで作りたいのはキッチン用品だった。でも身近な生地屋さんでキッチンクロスに見合う生地を今の所見つけられず、既製品のキッチンクロスを材料に作ってみた。
自分が今回揃えたいカメ庭のイメージにはビビットすぎる色だけど、とにかく現時点では品数が少なすぎるので何でもありだ。
ビビットな色も外国っぽくて結果は満足。
a0193314_6524480.jpg

a0193314_648556.jpg
シワも伸ばさず写真撮影
[PR]
# by kameniwa | 2011-10-15 06:53 | カメグッズ | Comments(0)

ぽち子の冬眠場所の改良

昨年トウホク地方ばりに寒いこの場所で、無事屋外での冬眠を達成したぽち子。
昨年は冬眠初期に雨が降る度、木箱の底に潜ったぽち子が水没しないか非常に心配だった。ロシアリクガメは出来る限り深い所で眠ろうとする。
我が家の土地は50センチほど掘ると粘土層が出てきてしまい、粘土層ギリギリに埋設してあるぽち子の冬眠用木箱の底は大雨が降ると一時的だが水が溜まってしまうのだ。
昨年は黒土と混ぜた腐葉土でベッドを満たしたのだが、ぽち子が土に潜りたての頃に活発に動くために黒土はふるいにかけられるように下に落ちて溜まってしまう。雨の際はその土が水気を含む。
昨年ぽち子の入眠直後に一晩強い雨が降ったことがあった。翌朝心配で掘り起こしたら、底の土がかなりベチャベチャしていた。
今年は木箱の底を少し上げ底にして、一番湿っぽくなる底にぽち子が潜れないようにしようと。
そうすると地表からぽち子までの深さが不十分になり、極寒期の地下温度が昨年より下がる。なので外の木枠をもう一段高くして土を入れ、上げ底にした分グランドラインを上げようかと思っている。
a0193314_817689.jpg
ブロックで上げ底。厚さ5センチ足らずだが、多少効果があることを祈りつつ。
a0193314_8175981.jpg
ふたをして(長々と引っ掻き続けてもぽち子は怪我をしないように釘等は使わないで)
a0193314_8185587.jpg
今年は放射線問題で近所のホームセンターで腐葉土が手に入らないため実家に帰った際に購入して来た。そこでも大袋の腐葉土は置いてなかった。
a0193314_820105.jpg
一袋では半分に満たなかった。ぽち子が動いて締まるときっと三分の1くらいの嵩になってしまうだろう。どこかの店に大袋があればいいのだけど。
[PR]
# by kameniwa | 2011-10-14 18:15 | カメ | Comments(0)

レタスガーデン

レタスの柄はカメのぽち子の家を作って設置したときのことがもとになっている。家庭菜園のベビーリーフが巨大株に育ってしまったのを堀上て、ぽち子を放牧している柵の中に植えたことがあった。
ぽち子ハウスの脇に植えた大きなレタスの株はまるでぽち子の庭の庭木のようでかわいいな〜と思ったのだ。
しかし、その人の頭ほどもあったレタスの株をぽち子は一日でツルッパゲに食ってしまったのだった。
a0193314_6365279.jpg
前回よりレタスを増やしたロングバージョン
[PR]
# by kameniwa | 2011-10-14 06:37 | カメグッズ | Comments(0)

また失敗・・・

不器用で抜け作なのに、全くの同一パターンを作り続けずにバリエーションを試したくなる。だって並べたときにいろいろな種類があった方が楽しそうなんじゃないかと思うから。
それでまた失敗して、無闇に時間を費やしてしまうのだ。ああ、またやってしまったと思う。
それでなんとか成功したら、また次のバリエーションを試してまた失敗する。
今回もせっかく刷ったステンシルのパターンを誤った箇所で切り詰めてしまい、出す模様の位置が狂ってしまった。しかも二枚まとめて。ああ!もう!
[PR]
# by kameniwa | 2011-10-14 06:26 | カメグッズ | Comments(0)

もう少し我慢

イマイチだからといって投げ出してはいけない。
工夫すれば何か良いイメージが生まれてくるかもしれない。うまくいかなくてももう少し我慢して取り組んでみる。
一昨日作ったレタス-レタス-レタス-カメ-レタスというパターンが短すぎるということで、レタス-レタス-レタスという図案を作って追加し、1つのパターンの横幅を長くした。自分が知っているレタスの種類のネタが尽きて、別種のレタスを探して図案にするまでが手間どった。
これで思い描いた雰囲気にちょっと近づいたが、実際一通り刷って縫い付けてみないといいかどうかはわからない。確実なものはまだ何もない。その時点で日も陰り今日という貴重な一日が終わってしまった。
ああ、今日も安心できるポイントにはまだ到達できなかった。落ち着けないな〜。
a0193314_16485914.jpg

一昨日作ったパターンに試みた2版刷り。左からサニーレタス、メジャーなレタス、ロメインレタス、エンダイブ。白菜と水菜ではないのだ。
[PR]
# by kameniwa | 2011-10-10 16:34 | カメグッズ | Comments(0)

ステンシル案に苦闘

ステンシルの絵柄を切って縫い付けたり、ステンシルの柄を施した布で文庫カバーを作ったりしてみようとステンシルの型紙を作る。
a0193314_15172073.jpg



横に伸ばしていく連続柄を作ったのだが、直線上にステンシルするのが難しい。ついつい型紙が途中で曲がってしまう。次回はガイドを作るか、型紙を固定する方法を考えよう。
この図案は緑で刷ると物足りなくてもう1版欲しくなる。
a0193314_15173514.jpg



a0193314_15193100.jpg
やはり濃い色で刷るとしまる。

「こんないいかんじになるはず♥」と想像した通りにはいかず、図案の下書き、大きさ等考えるのに2日もかけて、成果がイマイチなので脱力させられる。
昨夜下書きを見た旦那に「これはいいものになるんだよ!」と断言した私。「そうなの?」と疑問符付きで返されたのだけど、その通りになってしまった。「いいもの? は?」
ここで慣れるまでやり抜いてやり抜いてやり抜けば、予想と実際のギャップが小さくなっていくのだろう。
どっと疲れた。
[PR]
# by kameniwa | 2011-10-08 15:21 | カメグッズ | Comments(0)

初めてブックカバーを複数作る

今まで試作試作でひとつずつ作っていた文庫カバーを、いよいよ方針を固めて複数まとめて縫う。
出来上がってみて。
どうだろう。これって。
どうなんだろう・・・
初めて作ったものより数段の進化を遂げたには違いのだけど客観的に見て未だにかなりお粗末な状態だったりしないか?
というのは私の文庫カバーたちには、ハンドメイドに手を染めている義理のお姉様が作ったものや義理の妹様が作ったものには無い「痛々しい手作り感」が溢れているのだもの。
でも私独りの力ではこれ以上は無理なのだ。期日も近づいているし・・・

a0193314_16234079.jpg
こっそり愛カメ家のカメ裏地版

a0193314_16234814.jpg
堂々愛カメ家の表地版
[PR]
# by kameniwa | 2011-10-05 16:25 | カメグッズ | Comments(0)

めどをつけなければ

カメデショーまでひと月となった。
他のことで手が回らず、準備は何も進んでいない。
とにかく、何か始めなければならないということで文庫カバー用の布を切って接着芯をはる。
今まで接着芯を貼る際にビショビショになるほど霧を吹いていて、接着芯がなかなかくっつかず手こずっていた。
あれ?濡らせば濡らすほどくっつかないのね。乾燥したままだと布にシワがよってしまうから、ほんのちょっと湿気を足すくらいの気持ちの霧吹きでアイロンをかけたら一瞬で密着した。
私今まで何を苦労していたのだろうか・・・無知とはなんと悲しいものであろう。
手芸に関しては無知の苦労の連続である。
a0193314_2048501.jpg


先月、大事な大事な愛カメのあご丸に逃げられた。
そんな喪失感を抱えながらもカメデショーの作品に取り組まねばならないこの試練。
失ってより感じるあご丸のかけがえの無さ。
今残っているロシアリクガメと比べて愛嬌があった。食いしん坊のせいか、私が表に出ると必ずあご丸ハウスの中から出てくるのだ。ハウスから威勢良くニャッキニャッキ登場するあご丸を見る喜びはもう味わえない。
ロシアリクガメ達は私が表に出てこようが全く無頓着である。彼らの気が向かなければずっと尻を向けたままカメ小屋に籠っている。
ああ、あご丸。すぐに反応するあのカワユさ。愛しい。愛しい。どうか近所で無惨な死に方しないでほしい。
天国に行くなら、ずっと遠くに行ってから天国へは旅立ってくれ・・・・
惚れた男に逃げられるという気持ち、ちょっとわかった気がする。
[PR]
# by kameniwa | 2011-10-01 20:49 | カメグッズ | Comments(0)

あごちゃん尻尾が長いのね

あご丸のためにクウシンサイを収穫しようとハサミを手に取ったとき、あご丸のシェルター代りのブロックの下から長い尻尾が飛び出しているのにギョっとする。
「あごちゃんそんなにスゴイ尻尾してたっけ?」と尻尾とは別の場所でぽーっとしているあご丸を確認。
それと同時くらいに掃除機の電源コードを収納するみたいに、シュルルルルンっと尻尾の続きが反対側から踊り出てきた。
久しぶりのヤマカガシだった。あんまり激しく動かれるとこっちに跳ね飛んできやしないかたじろいでしまう。


a0193314_1132425.jpg

あご丸エリアを仕切るプランターの横を逃げて行くヤマカガシ
[PR]
# by kameniwa | 2011-08-26 11:28 | カメ | Comments(0)

ネットショップ
KAME*NIWA SHOP

カメ庭の生活覚え書き
からすはや〜ま〜に〜

カメグッズのイベント
カメ DE Show!

カテゴリ

全体
カメ
カメグッズ

その他
未分類

最新の記事

さすがにタマチャンの活性は落..
at 2017-10-01 19:47
タマチャン毎日食べる
at 2017-09-14 20:05
ゴルちんの嘴の成長、反省
at 2017-09-05 19:43
北朝鮮のミサイルが日本を通過..
at 2017-08-29 20:49

最新のコメント

今日は私が日を跨いでの外..
by kameniwa at 12:07
ステキ、カッコイイぜ、タ..
by めぐっち at 23:49
そういえばもうすぐ夏休み..
by kameniwa at 18:52

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

最新のトラックバック

ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
ハンドメイド

画像一覧