カメがのんびり…楽園的お庭を夢見て。


by かめにわ

プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

タマチャンの様子

今年はタマチャンを屋内で保温して冬越しさせている。
三回は冬眠をさせたが、まともに冬眠ができたのは最初の一回だけだった。
二回目と三回目は冬眠明けに皮膚がヤケドをしたように剥離して痛々しい状態に陥り、完璧に綺麗な皮膚に更新されるまでに1月くらいかかった。
どうして一年目は平気だったのだろう?どうして二年目から続けてあんな無惨な症状が出たのだろう。
皮膚が剥がれた最初の年は屋外の過酷な寒さによる低温障害かと思ったが、翌年はそういった障害が起こり得ないレベルの温度を維持していたのにも関わらず前年と同じように皮膚が剥がれ、それはタマチャンの瞼にまで及んで本当にひどい状態で入院する羽目になったのだった。

いろいろなことがあって、もう冬眠はさせられなくなった。
そういう訳で今年は25℃前後で保温して飼育しているが、冬の間はタマチャンはほとんど眠っている。
それは冬眠をさせる前からのこのカメの傾向なのだ。
でも、今年は1週間おきくらいに小屋の中から出て来て、排泄する。
常に尻を向けて眠っているタマチャンが、ある日小屋の外で佇んでいる姿に「あ!出てきてる!」とハッと驚くのだが、
必ずじっとたたずんでいるタマチャンの横にはウンコがしてあるのだ。
タマチャンはウンコを催すと小屋から出てきて、そのタイミングで私が餌を与えるとそこそこ食べる。
そのサイクルがだいたい1週間くらいなのだった。
まだ寒さのまっただ中であるものの、もしかしたらそろそろタマチャンが休眠モードから活動モードにスイッチするのではないかと待っている。

このブログの記録を参考に、ここ数年間のタマチャンの冬期の状態を比べてみた。
2013年に室内保温越冬させていたときは、長らく絶食状態だったタマチャンが2月3日から餌をモリモリ食べ始めたのだった。
20℃以上の活性温度で保温していなかった昨年と一昨年は3月4日と3月5日に食べ始めたので、活性温度で保温している今年の食欲スイッチは
それよりは早まるのではないかと予測している。


a0193314_20302765.png
a0193314_20340271.jpg
昨日私が不在の間に小屋から一度出てきたようで、
位置が変わっていた小屋の中でこっち向きで眠っていた。
(通常は尻を向けて小屋に入っている)



[PR]
by kameniwa | 2017-02-13 20:41 | カメ | Comments(0)

ネットショップ
KAME*NIWA SHOP

カメさん以外の日記
からすはや〜ま〜に〜

カメグッズのイベント
カメ DE Show!

カテゴリ

全体
カメ
カメグッズ

その他
未分類

最新の記事

動きを見せないタマチャン
at 2017-03-10 08:16
タマチャンの様子
at 2017-02-13 20:41
ゴルちんの呼吸音完全消失!
at 2017-01-30 17:58
ゴルちんの音が止んだ!?それ..
at 2017-01-09 10:40

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by kameniwa at 08:24
結果、悲劇に終わりました..
by kameniwa at 08:18
ポチ子ちゃんのご冥福をお..
by miwako8 at 19:23

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

最新のトラックバック

ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
ハンドメイド

画像一覧